閑話休題

アクセスカウンタ

zoom RSS 白峰三山縦走

<<   作成日時 : 2007/07/30 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年10月以来の山行...。

画像
2007.07 大樺沢より北岳 RICOH Caplio R6

7月28〜30日の二泊三日で南アルプスの白峰(白根)三山を踏破致しました。白峰三山とは標高第二位の北岳(3193m)、四位の間ノ岳(3189m)、そして農鳥岳(3026m)のことです。北岳と間ノ岳は既に踏破済みでしたが農鳥岳は未踏峰。比較的ポピュラーである三山を縦走するコースを利用して農鳥岳踏破を試みましたw

【日程記録】
7月27日(金曜日) 晴
21:45 友人の車がお迎え
00:15 市営芦安駐車場着(仮眠)

7月28日(土曜日) 晴れのち曇りのち雨のち曇り、そして夜は快晴
04:30 起床
05:10 市営芦安駐車場からバス
06:10 広河原バス停着
06:30 登山開始
09:00 大樺沢着(30分休憩:写真多数)
12:30 右俣道経由で小太郎尾根着(途中で写真多数)→晴れから曇り
13:30 肩の小屋着(一時間休憩)→曇りから雨
15:25 北岳山頂到着(30分間休憩)→山頂の展望は曇り(でも雷鳥目撃)
17:10 北岳山荘着(布団一枚に二人→のち三枚に四人に変更(^^)
19:50 夕飯(5回転目) →この頃から晴れ始める
20:45 山荘の近くで星景写真開始(23:00まで)

7月29日(日曜日) 晴れのち曇りがち、そして雨
04:00 起床(と言っても02:30に目が覚めてから寝られず)
04:10 ちょっとだけ星景写真
04:50 北岳山荘発〜一路縦走路へ
05:00 御来光を見ながら朝食:
07:20 雷鳥の親子連れ目撃(激写)
08:00 間ノ岳到着(滞在15分)→曇り時々晴
08:20 またまた雷鳥の親子目撃
10:00 農鳥小屋着(滞在20分)
11:20 西農鳥岳着(滞在20分)
12:30 農鳥岳着(昼飯休憩滞在30分)→山頂展望は晴、但し雲多し
13:50 大門沢降下点(晴のち曇りのち雨)
17:20 大門沢小屋着(布団一枚に一人、かなり余裕あり)
17:30 夕飯
19:50 就寝

7月30日(月曜日) 曇り後雷雨、のち曇り
04:00 起床
05:00 朝食(山小屋飯)
06:05 大門沢小屋発→奈良田へ
07:45 登山路を見失う(10分ロス)
08:00 雷雨始まり(^^;
09:30 奈良田発電所着
10:00 奈良田バス停着
11:10 広河原行きバス(土砂崩れのため途中500m歩いた後再びバス)
12:00 広河原着
12:05 芦安行きバスに乗り換え
13:00 市営芦安駐車場着
14:00 のっぷいの湯にて温泉&昼食
18:15 自宅着

※28日の行程がスローなのは友人がスロースターターのため
29日の行程がスローなのは前日星景写真で睡眠時間を削った私がバテたため

【機材・カメラ】
MILOLTA TC-1(全ての日程で使用)
MINOLTA α-7(初日と2日目途中まで使用)
17-35mmF3.5G
100mmF2.8macro
Mamiya7(初日の星景写真のみ使用)
N43mm F4.5L
N80mm F4
RICOH Caplio R6(記録用)

【機材・三脚、雲台、クイックシュー】
GITZO G1158T
Velbon PH-263
FOBA クイックシュー

【ザッグ】
OSPREY ECLIPS 42

【使用フィルム&メモリー】
ブローニー 3本
135判 5本
コンデジにて450枚

感想として、梅雨明け前の時期だったためなかなか天気が読みにくい山行でした。全ての日程で雨にも遭遇しまし、山頂からの展望もイマイチでしたが、初日の快晴下における大雪渓やお花畑に咲き乱れる花々、三ポイントで雷鳥との遭遇、そして何より星景写真を撮るチャンスに恵まれたことです。過去二回の北岳山行では不発に終わったので...。

逆に厳しかったことは今回デビューした登山靴で靴擦れ(踵)が発生したこととすっころんだ時に地面に着いた手に裂傷を負ったこと...orz

総評としては「久しぶりの山行を堪能できた」というところでしょうか(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白峰三山縦走 閑話休題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる