テーマ:

「星の降る場所」

星仲間であるライナスさんこと武井伸吾氏のファースト写真集です 【星の降る場所 】ピエ・ブックスより定価2400円(税抜き) ライナスさんは主に「星と風景」を撮影する星景写真家(本業は一級建築士)。2001年の獅子座流星群の時、大学時代の先輩の伝で知り合いました。それ以後はしらびそ高原等の星見の遠征地でご一緒することが度々あり…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

最近読んだ本(その2)

「南鳥島特別航路」 池澤夏樹著 新潮社 作家・池澤夏樹が某雑誌で「いくらでも勝手な旅をしてもいい」と言われて旅をした際の紀行文。 南鳥島(通称・マーカス島)は日本最東端の島で太平洋プレートに乗っている絶海の孤島。今は気象庁や海上保安庁の職員が駐在しているだけで、観光客は訪れることが出来ません。しかし著者である池澤夏樹はどう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近読んだ本(その1)

「スティル・ライフ」 池澤夏樹著 中公文庫 大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、きみの中にある広い世界との間に連絡をつけること、一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。たとえば、星を見るとかして 「スティル・ライフ」の導入部の一説(知り合いの方が昔ホームページの扉に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more